メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

精神障害者ら対象に合同企業説明会 意思疎通の不安、意見交換

 民間企業の障害者の法定雇用率が今年4月に2・0%から2・2%に引き上げられ、身体、知的障害者に加え精神障害者も雇用義務の対象となった。企業側の障害者雇用に関心が高まる中、障害者の就労支援を行う「LITALICO」(東京都)が先月末、就職を希望する障害者を対象にした合同企業説明会を大阪市内で開いた。精神障害や発達障害のある人を中心に約200人が参加。企業の担当者らと意見交換をした。

 大阪での説明会は今回で5回目で、近く会社を起こすのを機に障害者雇用を検討している企業など16社が、…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文852文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです