メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋地裁

「自殺は過労うつが原因」 両親が勤務先提訴

 電気設備の設計・施工を手掛ける「名阪電機」(名古屋市南区)に勤めていた男性が37歳で自殺したのは過重労働でうつ病を発症したためとして、両親が13日、同社と代表取締役ら3人に計1億円余の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴した。

     訴状によると、男性は2006年に入社し、制御盤の設計などを担当した。16年10月に同社が受注した業務を任され、納期に不安があって休みをほとんど取れず、同12月、早朝に社内で自殺した。

     名古屋南労働基準監督署は17年11月、男性が16年11月下旬にうつ病を発症し、その前1カ月の時間外労働が120時間を超えていたなどとして労災認定した。これを受け、両親は同社に謝罪と慰謝料を求めたが、会社側は「『窒息ゲーム』遊び中の不慮の事故で、過剰な業務が原因で自殺したのではない」と主張したという。

     提訴後に記者会見した父親(64)は「過労死と認定されたのに反省のかけらすら見られない。真摯(しんし)に受け止め改善しなければ、同じことが繰り返される」と憤りながら語った。

     同社は「責任者が不在のためコメントできない」としている。【野村阿悠子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
    2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
    3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
    4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
    5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです