メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NYビート

セリーナ騒動の報道にみる米国文化

テニスの全米オープン女子シングルス決勝で主審に抗議するセリーナ・ウィリアムズ選手=米ニューヨークで9月8日、AP

 大坂なおみ選手が米国のセリーナ・ウィリアムズ選手に勝った全米オープン女子シングルスの決勝戦について、試合から数日たった今も、熱い議論が続いている。セリーナは審判の性差別の犠牲になったと主張する派と、セリーナの行動はプロの取るべきものではないと批判する派の激論だ。

 セリーナは、禁止されているコーチのアドバイスを受けたとして審判に警告され、次にラケットを地面にたたきつけて1ポイント減点された。さらに審判を「ウソつき」「盗人」と呼び、「生きている限り私の審判をさせない」などと脅したため、ペナルティーとして1ゲームを失った。セリーナは、男性選手が同じことをしてもこれほど厳しい制裁を受けないとし、性差別だと主張した。

米国の世論はセリーナびいき

 米国メディアの多くは当初、セリーナ敗北の一因をつくった審判のカルロス・ラモス氏の判断を批判し、セリーナの肩を持った。

 米紙ワシントン・ポストのスポーツコラムニストは8日、審判を「女性に厳しく抗議されることを受け入れられず、大坂とセリーナの晴れ舞台を台無しにした」と批判した。

 女子テニス協会(WTA)や米国テニス協会(USTA)も直後にセリーナ支持を表明した。USTAのカトリーナ・アダムス会長は大坂のいる表彰式で「これは我々が期待していた終わり方ではなかった。セリーナ、あなたはチャンピオンの中のチャンピオンだ」とセリーナをたたえた。

 WTAを設立した米国女子テニスの大御所、ビリー・ジーン・キングさんはこうツイートした。「女が感情的になると、ヒステリーという烙印(らくいん)が押されて処分される。男なら率直で済まされる。ダブルスタンダードを告発したセリーナ、ありがとう」

 こうしてセリーナ称賛の世論は圧倒的になった。ポルトガル人の審判、ラモス氏は試合の夜、市民に抗議されることを恐れて、ニューヨークのホテルから一歩も外に出なかったという。

米国以外のメディアはセリーナを酷評

 一方、海外ではセリーナを辛辣に批判する論評が目立った。

 例えば、英紙ガーディアンの記事の見出しは「セリーナが家に火を付けて焼き落としたため、大坂の素晴らしさが忘れられた」。セリーナの「メルトダウン」は「自分より強い若いライオン」に敗北することを恐れたからだろう、と推測した。

 英BBCのラッセル・フラー特派員も「テニス界に差別があることは事実だが、今回の行動のいいわけにはならない」とセリーナを酷評。審判のラモス氏については「スタープレイヤーにも厳しいことで有名。だからグランドスラムのファイナルで審判を務めているのだ」と全面的に支持した。また、WTAがセリーナをかばうのは「彼女が売れっ子だからだ」と一刀両断した。

 オーストラリアのヘラルド・サン紙(電子版)は「セリーナはいじめっ子。犠牲者じゃない」と批判する保守派評論家アンドリュー・ボルト氏のブログを載せた。ボルト氏は、試合後の記者会見で「女性の権利や平等のために戦っている」と主張したセリーナに会場から拍手が起きたことに驚き、「本当の犠牲者は大坂だ」と書いた。

 同紙は駄々をこねる赤ん坊のようにセリーナがラケットを踏みつけているイラスト漫画も掲載した。このイラストに関しては、「人種差別的」との批判が押し寄せ、作者のツイッターは閉鎖に追い込まれた。

米国では「政治的に正しくない」セリーナ批判

 数日たって米国の風向きも変わってきた。セリーナ擁護派と批判派の両方のコメントを紹介するメディアが増えた。

 ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)は10日、元スター選手でレズビアンのマルチナ・ナブラチロワさんの寄稿「セリーナが間違ったこと」を掲載。ナブラチロワさんは「男性選手が反則行為をして許されたから、女性も許されるべきだ」と考えるのではなく、「スポーツと相手選手を尊重する行動とは何か」を自問すべきだと訴えた。

 さらに同紙は11日付運動面で、20年間セリーナの試合を見てきたという黒人の男性記者が「我々はセリーナの行動を批判するときに、人種差別や性差別と受け取られないかと心配してしまう」と告白した。

 このあたりが多くの米国人の本音だと思う。セリーナが審判に感情を爆発させるのを過去にも見てきた者たちは「またか」と思った。しかし、米国では、テニス界の性差別や人種差別に対して声をあげてきたセリーナを批判することは、「PC(ポリティカルコレクトネス)」に反するのだ。PCとは差別主義者と思われないための政治的に適切な言動だ。他国は米国のPCコードを共有しないので、セリーナを批判しやすかったのだろう。

 スポーツだけでなく、社会でも規則は強い者が作り、適用する。マイノリティーが不当だとして抗議すべき時もある。でも今回は私もセリーナにがっかりした。特に、彼女が審判に「私はずるはしない。娘がいるから間違ったことはしない」という内容の発言をした時だ。ママであることは証明書でもないし、免罪符でもない。【國枝すみれ】

國枝すみれ

1991年入社。英字新聞毎日デイリーニューズ編集部、西部本社福岡総局で警察担当記者、ロサンゼルス支局、メキシコ支局を経て、2016年4月からニューヨーク特派員。05年、長崎への原爆投下後に現地入りした米国人記者が書いたルポを60年ぶりに発見して報道し、ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」
  5. 大相撲 「少し自分にご褒美をあげたい」白鵬、笑顔で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです