メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

民泊うまくいってる? 手続き煩雑で伸び悩み 廃業も=回答・ガン・クリスティーナ

 なるほドリ 一般住宅の空き部屋などを宿泊場所として貸す「民泊(みんぱく)」を定めた住宅宿泊事業法(じゅうたくしゅくはくじぎょうほう)(民泊新法)が6月15日に施行されて3カ月だね。どう変わったの?

 記者 新法で定められたルールに従って、各都道府県などの担当窓口に届け出た事業者の営業が始まりました。しかし、手続きには多数の書類を用意する必要があったり、近隣(きんりん)住民への説明会を各自治体が条例で求めたりするなど手間がかかり、8月31日時点で、全国の届け出件数は8272件にとどまりました。これは5月末に民泊仲介サイト世界最大手の米エアビーアンドビー(Airbnb)で…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです