メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吾郷佳昭さん個展

「線」の力と余白の美 出雲で開幕 /島根

躍り上がるかのような大作「馳」と、書家の吾郷佳昭さん=島根県出雲市平田町の平田本陣記念館で、鶴谷真撮影

 出雲市在住の書家で、毎日書道展審査会員や独立書人団評議員などを務める吾郷佳昭さん(69)の個展が15日、出雲市平田町の平田本陣記念館(0853・62・5090)で開幕した。「線」の力を示すとともに、故郷出雲の山河への感謝を込めた新作50点。吾郷さんは「書になじみのない方にも親しんでいただきたく、分かりやすさや温かみもテーマに掲げました」と話している。10月14日まで。

 吾郷さんは24歳で本格的に書の道を志した。王羲之や顔真卿、空海ら書聖の古典を猛勉強し、「線」の強さ…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文617文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです