メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

音のアーキテクチャ展 うねる音楽と映像 小山田圭吾の新曲を可視化

 音楽が内包している構造やエモーションを、映像の空間に解き放ってみたら、どんな世界がうまれるだろう。こんな問いへの解を見いだそうとしているのが、東京・六本木の「21_21 DESIGN SIGHT」で開催中の「音のアーキテクチャ展」だ。「コーネリアス」名義で音楽活動をする小山田圭吾の新曲「AUDIO ARCHITECTURE」に、9組の映像作家たちがそれぞれの作品を提示した。音と画像は互いに刺激し合い、やがて聴覚と視覚の境界線が消えてゆく。そのただ中に身を置ける不思議な場となっている。

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1226文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです