メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

良知真次 「ドリアン・グレイの肖像」主演 衝撃与える芝居を

良知真次さん=東京都新宿区で、小玉沙織撮影

 オスカー・ワイルドの同名小説を原作としたミュージカル「ドリアン・グレイの肖像」(荻田浩一脚本・演出)が21~30日、東京・銀座の博品館劇場で上演される。

 美しい青年、ドリアン(良知(らち)真次=写真)は、街で出会った映像作家バジル(法月康平)に連れられ、ヘンリー(東山義久)の秘密クラブを訪れる。やがて周囲では陰惨な事件が次々と起きるが、ドリアンは年を取らず、美しさを保ったまま。バジルが撮影した映像を除いては--。

 ドリアンを演じる良知は「アート色が強いけど、アングラ感もある作品」と印象を語る。

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文526文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです