メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドラマ

京都発「ワンダーウォール」の何が視聴者の心をとらえたのか 老朽化した学生寮描く

このほど刊行されたシナリオ付き写真集「ワンダーウォール」。表紙は寮の外観の撮影に使われた滋賀県の廃校

 7月にNHKBSプレミアムで放送された京都発地域ドラマ「ワンダーウォール」の反響が広がり続けている。NHK連続テレビ小説「カーネーション」(2011年度下半期)などで知られる脚本家、渡辺あやさんのオリジナルドラマで、建て替え計画が進む、ある大学の古い学生寮に住む学生たちを描いた。放送終了後も渡辺さんが自らトークイベントなどで作品について語り続けているほか、写真展「ワンダーウォール」が19日まで東京・恵比寿のギャラリー「AL」で開かれ、全国からドラマファンが集まっている。このドラマの何が視聴者の心を引き付けるのだろうか。【佐々本浩材】

 写真展は、映画「るろうに剣心」などの衣装デザイナーとして知られる澤田石和寛さんが「澤寛」の名で作っ…

この記事は有料記事です。

残り2868文字(全文3188文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです