メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

上川隆也 ドラマ「真犯人」重藤成一郎役 役に寄り添えた

上川隆也=和田大典撮影

ドラマ「真犯人」重藤成一郎役(WOWOWプライム=日曜午後10時)

 2008年、静岡で男性が殺される。男性は34年前に誘拐殺人で息子を亡くしており、その事件は未解決だった--。時を経て交差した二つの事件を描く連続ドラマ「真犯人」(全5話、23日の初回は無料放送)の主人公、重藤(しげとう)成一郎は、誘拐殺人の発生時は応援部隊として、その時効直前は特別捜査班として相対し、「同じ事件に2度敗れた男」だという。「台本が読み物として面白いという感覚すらあった。重藤をどう演じるか思いを巡らすのが、とても楽しい時間だった」と振り返る。

 応援部隊の20代、特別捜査班時代の40代、08年の殺人事件で現役刑事(小泉孝太郎)から協力を求めら…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文855文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです