メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤澤ノリマサ

二つの声持つ名曲案内人 新盤 成熟のポップオペラで70~80年代歌謡曲カバー

「今回のアルバムが好評なら、今流行のJポップのカバーにも挑戦したい」と話す藤澤ノリマサ。You Tubeで公開している動画もラフな服装で親しみを感じさせる=大阪市中央区で、田中博子撮影

 一つの曲の中で、ポップスとクラシックの歌唱法を使い分ける「ポップオペラ」という新たな道を切り開いた歌手の藤澤ノリマサが、デビュー10周年を迎えた。「25歳でデビューした当初はまだ声が青かったが、この年になって表現の幅が広がってきた。今が一番、脂が乗っている」と充実の表情を見せる。

 ボロディンのオペラ「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」やベートーベンの交響曲第9番など、クラシックの名曲にオリジナルの歌詞をつけて編曲してきた。最初はポップス風で軽快に歌い出し、サビの部分に来ると突如、人が変わったかのように朗々と歌い上げる。武蔵野音大声楽科出身で、安定の歌唱力が耳に心地いい。

 今月、初の全曲カバーアルバム「ポップオペラ名曲アルバム」(ワーナー)を発表した。1970~80年代…

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1184文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです