メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

基準地価

住宅地10年ぶり上昇 五輪会場、一宮の上げ幅5倍に /千葉

 県が18日発表した2018年の基準地価(7月1日)は、県内平均で前年比0・4%上昇し、4年連続のプラスとなった。用途別では住宅地が08年以来10年ぶりに上昇。商業地も工業地もプラスだった。また、2020年東京五輪のサーフィン競技会場がある一宮町は土地の取引価格が上がり、上げ幅は昨年より5倍に拡大した。【町野幸】

 林地を除いた継続調査地点811地点(前年815地点)のうち、上昇は301地点(同280地点)、横ば…

この記事は有料記事です。

残り1625文字(全文1832文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです