メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都大研究グループ

葉っぱ食べるサル「甘み感じにくい」

インドネシア・パンガンダラン自然保護区で葉を食べるコロブス類の一種、ジャワルトン=京都大霊長類研究所提供

 葉を食べる霊長類のコロブス類は、他の猿に比べ甘みに鈍感なことを、京都大霊長類研究所などの研究グループが突き止めた。これまでに苦みに対する感受性が低いことも分かっており、甘みがなく苦い葉を主食とできるよう進化した可能性があるという。成果はこのほど、日本の学術誌「プリマーテス」電子版に掲載された。

     コロブス類は東アジアからアフリカにかけての山中に分布し、主に広葉樹の葉を食べる。他の動物が一般的にエネルギー源となる甘みを好むのと異なり、甘くない未熟な果実を選ぶ傾向がある。

     グループはコロブス類と、比較のためのニホンザルについて、甘み受容体をヒトの培養細胞に発現させ、甘みへの感受性を調査。ニホンザルの受容体が敏感に反応するのと違い、コロブスは反応しなかった。さらに、砂糖入りの甘いゼリーと甘くないゼリーを与え、どちらを好むかを調べたところ、ニホンザルは甘いゼリーを好んだのに対し、コロブス類は甘いゼリーと甘くないゼリーの区別がついていなかった。

     コロブス類は葉しか食べない「草食系」のため、森林破壊が進む中で絶滅の危機にひんしている。今井啓雄教授は「食べる葉にも好みがあり、どのように味を判別しているのかを調べたい」としている。【菅沼舞】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ファシリティードッグ 子供の闘病支え9年 ベイリー引退
    2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
    3. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
    4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
    5. 北九州 海外視察報告、複数市議がブログ写す コピペ否定

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです