メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

密着番組の構造的問題

取材・制作過程、警察の協力ありき

コラージュ・日比野英志

 鹿児島県で5年前に起きた警察官による男性制圧死事件で、TBSの警察密着番組のため制作会社が撮影していたのに映像が報道に使われなかった問題で、関係者の証言で同種番組全体の構造的問題が明らかになってきた。警察の全面協力がなければ成り立たず、警察関係者も「仕事を分かってもらうという趣旨と違うなら取材は受けない」と基本姿勢を示す。制作に当たった元担当者からは経験を踏まえた懸念の声も出ている。【川名壮志、青島顕】

この記事は有料記事です。

残り2377文字(全文2581文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです