メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

京都大タテカン規制 自由な学風どこへ=菅沼舞(京都支局)

京都大の吉田キャンパスに接する百万遍の交差点付近に並ぶ立て看板=京都市左京区で4月、川平愛撮影

 今年5月、京都大が吉田キャンパス(京都市左京区)周囲の立て看板(タテカン)の撤去を始めた。学生たちが自由にアピールするタテカンは「京大の文化」とも評されてきたが、京都市が屋外広告の規制条例で指導し、京大が従った。以降、「表現や思想の自由に反する」と訴える学生らが新たなタテカンを設置しては京大が撤去する「いたちごっこ」が続いた。撤去反対派は規制の是非を根本から話し合うよう求めているが、ゼロ回答のまま。京大が誇るべき学風とされる自由や対話を自ら軽んじているようで残念だ。

 タテカンが目立ち始めたのは学生運動が活発だった1960年代という。京都市内では立命館大や同志社大な…

この記事は有料記事です。

残り1764文字(全文2050文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  4. 勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです