メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イランと交渉意欲 核・ミサイル開発制限巡り

 米国務省のフック・イラン担当特別代表は19日、ワシントン市内で講演し、イランの核開発と弾道ミサイル開発をともに制限対象とする条約を結ぶため、イランと交渉したい考えを表明した。ロイター通信が伝えた。

 イランのロウハニ大統領は25日からニューヨークで開かれる国連総会一般討論に合わせて訪米する予定。トランプ大統領はロウハニ師に首脳会談に応じるよう呼びかけているが、フック氏はイラ…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B
  3. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです