メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

記者の記録 平成のノーベル賞ラッシュ 独創的発想、常連に 成果重視、次代に影

華やかに行われた2016年のノーベル賞授賞式後の晩さん会=ストックホルム市庁舎で12月10日(代表撮影)

 昭和の時代、日本人にとってノーベル賞は遠い存在だった。ところが平成は、自然科学系3賞の受賞が恒例になり、特に最近10年は延べ8賞計13人が栄誉に輝いている。ただ、評価された研究のほとんどは昭和の産物。次の時代も受賞ラッシュを続けるためには、平成に成果を出せたかどうかにかかっている。

先駆者たちに栄誉

 平成の日本人受賞を振り返ると、自然科学系では1人目の白川英樹さんの時のあわてた気分を思い出す。利根川進さんの受賞から10年以上、白川さんは私たちの「受賞者山かけリスト」から完全に漏れていたからだ。

 それから約20年。かつては10年に1度訪れる旅人のようだったノーベル賞が定期便のように身近な存在に…

この記事は有料記事です。

残り2885文字(全文3184文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです