メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就活

21年入社も6月解禁 政府、中小・外資にも要請へ

新卒の採用活動、こう変わる

 政府は21日、現在の大学2年生が対象となる2021年春入社の就職・採用活動について、会社説明会などを大学3年の3月、面接などの選考活動を4年の6月に解禁する現行ルールを継続する方針を固めた。今後、経済界、大学側と調整に入る。これまで解禁日などを定めた採用指針を示してきた経団連でなく、政府が主導することになる。【横山三加子】

経団連は指針撤廃

 経団連は10月9日に開く幹部会議で、21年春入社の採用から採用指針の廃止を打ち出す見通し。

 ただ就活時期の目安がなくなることに大学や学生の不安は強く、政府が対応策を検討する。具体的には10月にも内閣官房と経済産業、厚生労働、文部科学の各省による連絡会議を設置し経団連と大学がオブザーバーとして参加して現行ルールの継続を決める。今は経団連会員企業以外は対象外だが、政府は外資系、中小、ベンチャー企業にもルール順守を呼びかける考えだ。

 菅義偉官房長官は21日午前の記者会見で「学生が混乱しないようにすることが大事だ。適切に対応したい」と述べた。終身雇用制度など抜本的な雇用制度のあり方については、国の成長戦略を考える「未来投資会議」(議長・安倍晋三首相)で議論する見通し。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです