メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#東北でよかった

ものづくり/6 協和精工(皆瀬工場) 秋田県湯沢市 品位漂う高級時計 今春スイス進出、評判上々

 秋田県南部の湯沢市。「皆瀬ダム」のほとりに青い屋根の建物がある。工具メーカー「協和精工」(本社・同県羽後町)の腕時計工場だ。金属を削って研磨する「キーン」という音が響き、職人たちが黙々と作業をこなす。緊張した空気が漂う。

 2005年、地名を冠した自社ブランド「MINASE(ミナセ)」が生まれた。鈴木豪社長は2代目。「職人の功績をたたえるため、産地をブランド名にしたかった」と語る。今春から本場・スイスで販売し、評判は上々だ。

 元々は、金属加工用ドリルなどの工具製造が主力だった。さまざまな形をしたドリルの先端を研磨する高い技…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1129文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです