メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊ナビ

音楽 /東京

 ■第12回国際オーボエコンクール・東京 入賞者&審査委員コンサート

     10月7日14時、紀尾井ホール(千代田区・四ツ谷駅)。指揮・オーボエ=ハンスイェルク・シェレンベルガー、オーボエ=モーリス・ブルグ、管弦楽=東京フィルハーモニー交響楽団。世界の若手オーボエ奏者の登竜門といわれる3年に1度のコンクール。予選、本選を勝ち上がった入賞者と審査委員、前回コンクール覇者・荒木奏美らのオーボエ協演。シュトラウス「オーボエ協奏曲」、モーツァルト「オーボエ四重奏曲」ほか。S席5000円、A席3000円。未就学児入場不可。03・3515・5261(平日10~18時)

     ■つくば学園都市オーケストラ 第62回定期演奏会

     10月14日14時、ノバホール(つくば市・つくば駅)。指揮=和田一樹。これまでに国内外の楽団を数多く指揮し、各種メディアへも積極的に出演している和田が指揮を振る。つくば学園都市オーケストラは1987年から年2回、定期演奏会を開き、評価も高い。曲目はコダーイ「ガランタ舞曲」、ドボルザーク「交響曲第9番ホ短調《新世界より》」ほか。全席自由前売り600円、当日700円。託児サービス有り(500円、10月7日締め切り)。090・9968・6812(13~20時)

     ■民音創立55周年記念 ジョージア国立民族合唱舞踊団「ルスタビ」

     10月16日、市川市文化会館(市川市・本八幡駅)▽18・19日、中野サンプラザホール(中野区・中野駅)▽23日、神奈川県民ホール(横浜市中区・日本大通り駅)▽24日、大宮ソニックシティ(さいたま市大宮区・大宮駅)、時間は14時・18時半(大宮ソニックシティは18時半のみ)。世界80カ国以上で公演してきたジョージアを代表する舞踊団。民族衣装をまとい、舞踊と合唱を中心にダンステクニックと重厚感あふれるポリフォニー(多声音楽)を披露する。S席7500円、A席7000円。未就学児入場不可。03・3226・9999

     ■ムジカポルト室内合奏団 第24回演奏会 ~animals~ムジカポルトの動物たち

     10月18日19時、港南区民文化センターひまわりの郷ホール(横浜市港南区・上大岡駅)。演奏=ムジカポルト=写真(フルート=河合沙樹、クラリネット=守屋和佳子、トランペット=杉本正毅、トロンボーン=板垣暢恭、コントラバス=早川珠実、ピアノ=中村純子、打楽器=斎藤祥子、長谷川剛士)。第一線で活躍する8人が織りなす音楽世界。曲目はサン・サーンス「組曲《動物の謝肉祭》」、プロコフィエフ「交響的物語《ピーターと狼》」ほか。全席自由2000円。042・733・5786

     ■小林響率いる A・レブランク弦楽四重奏団 結成30年

     10月20日14時、東京文化会館小ホール(台東区・上野駅)。演奏=A・レブランク弦楽四重奏団、バイオリン=小林響、ピアノ=植田克己。小林は14歳の時に単身イスラエルへ留学し、欧州で研さんを重ねる。現在はカナダを拠点とし、ベートーベン、ブラームスの全曲リサイタルの評価が高い。植田はN響など多くの楽団と協演している。曲目はベートーベン「弦楽四重奏曲第11番ヘ短調《セリオーソ》」ほか。全席自由5000円、高校生以下3000円。未就学児入場不可。03・3943・6677

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
    3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
    4. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
    5. 後絶たぬ高齢ドライバーの事故 操作ミス原因が最多

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです