メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/6 秋田市 ホスピス医の言葉 患者の最期、誠実に関わる

入院患者の脈をとる嘉藤先生。触診はコミュニケーションの第一歩だと考えている=秋田市の外旭川病院ホスピス病棟で、2018年8月29日、滝野隆浩撮影

 廊下には、その朝取ってきたヤマザクラが咲き乱れていた。個室のドア横の小机に、折り紙の小物が置かれていた。初めて入ったホスピスは、やわらかな光が感じられる場所だった。死に直面する患者に対し、医療者らはどう向き合っているのだろう。言葉遣いや表情を見てみたくて、私は秋田市のホスピスに通った。

 JR秋田駅から車で20分。秋田港にもほど近い外旭川(そとあさひかわ)病院ホスピス病棟(34床)。南向きの個室の窓からは、遠く鳥海山が見える。

 1日2回行われるカンファレンスでは、ホスピス長の嘉藤茂医師(62)を中心に、看護師、ケアスタッフも…

この記事は有料記事です。

残り1941文字(全文2206文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです