メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『モラルの話』=J・M・クッツェー著、くぼたのぞみ訳

 (人文書院・2484円)

文学に何ができるか

 南アフリカ出身のノーベル文学賞作家、クッツェーの最新短編集である。比較的短い七編から構成されるコンパクトな作りの本。しかし、それにしても「モラルの話」というタイトルを、ずばり直球で投げかけてくる剛直さは、いまどき稀(まれ)ではないか。

 もちろん、単純な道徳的教訓を引き出せるような作品集ではなく、文学的な企(たくら)みに満ちたものばかりである。最初のごく短い「犬」は、「猛犬」に吠(ほ)えられて恐怖心を抑えられなくなる女性の話で、あっという間に読み終えていったい何のことかと怪訝(けげん)にさえ思うのだが、本の全体を読んでから立ち返ってみると、人間と動物の関係、理性では制御できない情動、共感と暴力といった、本書全体を貫くモチーフが埋め込まれていることに気付く。次の「物語」は、束(つか)の間の不倫を楽しみながら、まったくやましさを感じず、幸せな結婚生活を続ける女性の話。

 そして三つ目の「虚栄」以降の五編は、以前のクッツェー作品にも登場するエリザベス・コステロという架空…

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1469文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです