メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「自分で焙煎した一杯は格別。手焙煎に挑戦して、コーヒーの楽しみを広げてほしい」と話す中川ワニさん(左)とパートナーの京子さん=東京都板橋区で

 コーヒー豆を生豆から自分で焙煎(ばいせん)する「手焙煎」。生豆を販売する店舗が増え、ガスコンロでできることもあり、静かなブームとなっている。自分で煎った豆で特別な一杯を楽しむ方法を、焙煎人の中川ワニさんに伝授してもらった。

 ●生豆からコーヒー

 「コーヒー豆がコーヒーになっていく過程が見られるのが手焙煎の魅力。だれもが自宅で簡単にでき、手を掛けて繰り返すうちに自宅の味ができます」と中川さんは語る。焙煎人として仕事を始めて四半世紀。世界中の豆を取り寄せたり、インドネシアに買い付けに行ったりして普段は焙煎機を使い全国からの注文に応える。追い求めるのは「最初に口に含んだ時は柔らかく静かで、飲み進めていくうちにうまみやふくよかさが感じられ、後味はもたつかずキレがある。それでいて満足感のもてる味わい」だ。

 生豆はコーヒー専門店やインターネット通販で買える。グアテマラなど手に入りやすいものや、酸味、苦みな…

この記事は有料記事です。

残り1442文字(全文1844文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです