メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

白鵬、14回目全勝V

鶴竜(右)を送り出しで破り、全勝優勝を決めた白鵬=小川昌宏撮影

千秋楽(23日・両国国技館)

 14日目に41回目の優勝を決めた白鵬は鶴竜との横綱対決を送り出しで制し、自身の記録を更新する14回目の全勝優勝を飾った。8場所連続休場明けの稀勢の里は豪栄道に敗れ、進退を懸けた場所を10勝で終えた。関脇・御嶽海は9勝目を挙げ、九州場所後の大関昇進の可能性を残した。15日間で懸賞は過去最高の2160本。三賞は1947年秋場所に制定されて以来、初めていずれの賞も該当者がなかった。十両は徳勝龍が大奄美との優勝決定戦を制した。平幕の千代丸と十両の水戸龍がけがで休場した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  4. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです