メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

羽生に聞く「まだできたなと思う」「この構成に耐え得る体を」(スポニチ)

フィギュアスケート オータム・クラシック最終日(2018年9月22日 カナダ・オークビル)

 --新ルールでの初戦を終えて

     「点数に関してはふがいない気持ち。まだできたなと思うところがたくさんあった」

     --新たに4分の演目をやってどうか?

     「4分だからきついということではなくて、ただ単に自分の実力不足が出ている。しっかりとこのプログラムの構成に耐え得る体をつくらないといけない」

     --思い描く表現はできているか?

     「表現にはまだ至っていない。ジャンプがきれいに決まって、ストレスフリーな状態じゃないと、プログラムは表現できない」

     --22年北京五輪を目指すのか?

     「そういう気持ちは特にない。ただ、今回の試合で一番感じたのは、いい演技ができないのは凄く悔しいなということ。もっと強くなりたいと心から思った」

     --自分を動物に例えるとしたら

     「猫かな。本当にわがままだしマイペースだし、自分がしたいようにやっている。もうちょっと大人にならなくては、と思っている」(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
    2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
    3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
    4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
    5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです