メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

リーマン・ショック10年 インタビュー/4 「最後の貸手」再認識 全国銀行協会会長・藤原弘治氏(57)

=小原擁撮影

全国銀行協会会長(みずほ銀行頭取)藤原弘治氏(57)

 --リーマン・ブラザーズの破綻前、全銀協はどのように備えていたのですか。

 ◆遠く離れた米国に震源地があったため、どんな経路で、どの程度自分たちのビジネスに影響するのか、(協会に加入する)地域金融機関はかなり悩んでいた。全銀協としては毎月の理事会で全シナリオを検討し、備える必要があると呼びかけていた。

 --リーマン破綻後、信用不安から銀行間市場でドル不足が深刻化しました。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  3. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕
  4. 急性アルコール中毒死の客を路上に 死体遺棄容疑で元キャバクラ店長ら逮捕
  5. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです