メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルで学ぼう

会話プログラムで学習支援 仙台市・適応指導教室などで試行

タブレットでチャットボットのパルと会話する男子生徒=仙台市内で2018年9月18日

 発達障害や不登校の児童・生徒に対して、一人一人の必要に応じた学習機会を提供することが求められている。特に小中学校段階で必要な学習内容が抜け落ちてしまうと、上の学年の通常授業で穴埋めすることは難しい。デジタル教材を使って学習を補い、規則正しい生活を送れるよう支援している仙台市の試みを紹介する。

 ●「朝ご飯食べた?」

 「今日は誰かにあいさつした?」。タブレット型端末を立ち上げると、画面上で会話のやりとりをするチャッ…

この記事は有料記事です。

残り1551文字(全文1759文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 特集ワイド ヘイト本作った理由、依頼を何でも受けた 読み手見え、自責の念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです