メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

日本代表 森保流、心遣いと挑戦

コスタリカ戦の前日練習で笑顔を見せるサッカー日本代表の森保一監督(左から3人目)=猪飼健史撮影

 サッカーの日本代表が森保一監督(50)の下で新たに歩み出した。初陣となった今月の国際親善試合は、7日のチリ戦(札幌ドーム)が北海道の地震の影響で中止となったが、11日のコスタリカ戦(大阪・パナソニックスタジアム吹田)は3-0の快勝で上々のスタートを切った。マネジメントや人柄から垣間見えた「森保流」と、今後目指す姿とは。【大島祥平】

この記事は有料記事です。

残り4201文字(全文4368文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. 紀平猛追及ばず4位 ザギトワが優勝 フィギュア世界選手権
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. 「王子様」改名 キラキラネームなぜ? 鎌倉時代でも問題視

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです