メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

現実踏まえ、広く協議を 「ルール廃止」でどうなる?三つの疑問

え・葛西りいち

 今回のテーマは「就活ルール廃止?」です。中西宏明・経団連会長が今月3日の定例記者会見で現行の就活ルール・時期について2021年卒(現在の大学2年生が対象)から見直す、とコメントしました。これに対し政府は、ルールの維持を要請する方針ですが現行の就活時期が変更になるかもしれない、ということで就活関連業界が慌ただしくなっています。今回は、就活ルールの廃止の是非や今後の見通しについて、多くの学生・関係者が持っているであろう疑問点を3点、まとめました。

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文1990文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  3. 大阪府警 出会い系売春あっせん24人逮捕 大規模組織か
  4. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです