メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

全米制覇 大坂なおみ 「大人のテニス」無限大=浅妻博之(大阪運動部)

テニスの全米オープンで初優勝し、トロフィーにキスをする大坂なおみ=米ニューヨークで8日、AP

 日本のテニス界が100年あまりもはね返されてきた4大大会シングルス頂点への壁を、20歳にして打ち破った。テニスの全米オープン女子シングルスで大坂なおみ(日清食品)は、日本選手として男女を通じて初の4大大会シングルス制覇を達成。私はテニス担当として大坂を取材して3年になるが、日本選手離れした身体能力、スケールの大きなプレーは何度も目にしてきた。全米で衝撃を受けたのは、パワーではない。むしろパワー一辺倒のテニスから、軽やかに脱却を図ったことに驚かされた。感情をコントロールする冷静さを身につけた「大人のテニス」こそ、歴史を塗り替えられた要因だと思う。

この記事は有料記事です。

残り1804文字(全文2080文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです