メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

「童話作家のおかしな毎日」を出版 富安陽子さん(59) 日常から広がる物語を

 児童文学作家の富安陽子さん(59)が、子ども時代の思い出や日々の生活をつづったエッセー集「童話作家のおかしな毎日」(偕成社)を出版する。妖怪やキツネが登場する「和製ファンタジー」を生み出してきた富安さんに、創作への思いを聞いた。【聞き手・塩田彩】

 お話の楽しさを教えてくれたのは、幼いころに同居していた父方の祖母と伯母です。祖母は寝る前に必ず、怖い妖怪のお話を語ってくれました。伯母はちょっとした出来事から即興で不思議なお話を作っては聞かせてくれました。

 小学校に上がる直前、父の仕事で大阪へ引っ越しました。祖母と伯母と別れるのが悲しくて泣いている私に、…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1027文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 二宮金次郎像は、かつて小学校校庭の…
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. スポットライト 女優・早霧せいなさん 「迷うなら、やれ」精神で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです