メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おはなしめぐり

「童話作家のおかしな毎日」を出版 富安陽子さん(59) 日常から広がる物語を

 児童文学作家の富安陽子さん(59)が、子ども時代の思い出や日々の生活をつづったエッセー集「童話作家のおかしな毎日」(偕成社)を出版する。妖怪やキツネが登場する「和製ファンタジー」を生み出してきた富安さんに、創作への思いを聞いた。【聞き手・塩田彩】

 お話の楽しさを教えてくれたのは、幼いころに同居していた父方の祖母と伯母です。祖母は寝る前に必ず、怖い妖怪のお話を語ってくれました。伯母はちょっとした出来事から即興で不思議なお話を作っては聞かせてくれました。

 小学校に上がる直前、父の仕事で大阪へ引っ越しました。祖母と伯母と別れるのが悲しくて泣いている私に、…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1027文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです