メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マスコミ倫理懇談会

信頼得る報道へ 300人集い議論

分科会「岐路に立つ実名報道」で基調講演する天野康代弁護士(右)と鈴木秀美慶応大教授=札幌市中央区で20日、青島顕撮影

 読者や視聴者の信頼を得る報道への道は--。全国の新聞、放送、通信、出版などの各社でつくるマスコミ倫理懇談会全国協議会の全国大会が20、21の両日、札幌市で「その伝え方、信頼されていますか」をメインテーマに開かれた。編集幹部や記者ら約300人が実名報道、災害報道、ネットとの向き合い方を含む七つの分科会を通じてマスメディアの課題や将来像を話し合った。

この記事は有料記事です。

残り2604文字(全文2779文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです