メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食物アレルギー

給食の献立チェックに一手 自動検出アプリ開発

 食物アレルギーのある子供を持つ親は、給食の献立のチェックが大変--。そんな負担を軽減し、誤食による事故を防げればと、福岡市の医師らが市立小学校の給食の献立から27種類のアレルギー原因物質(アレルゲン)を含む品目を自動検出するアプリを開発した。【末永麻裕】

 アプリは「スマイル給食リンクシステム」で、福岡市の医師やアレルギー患者らで作る「福岡食物アレルギーネットワーク」(代表世話人・柴田瑠美子医師)が作った。地域ごとに5パターンある市立小学校の毎月の献立情報が組み込まれており、アレルゲンを含む品目を自動検出する。

 利用者は学校や児童名、牛乳や卵など注意が必要な食材を登録。日付をクリックすると献立が表示され、アレ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです