メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はい上がれスサノオ

バスケットボール B1再昇格へ/3 ストレングスコーチ 大塚健吾さん /島根

島根スサノオマジックの選手のトレーニングを指導する大塚健吾さん=松江市鹿島町佐陀本郷の鹿島総合体育館で、前田葵撮影

選手以上に自ら筋トレ

 今季、ライジングゼファー福岡(B1)から島根スサノオマジックに移籍した大塚健吾さん(34)。ストレングスコーチとして、筋力トレーニングや動作分析など、身体のパフォーマンス向上を担う。その信条は「でかく、速く、強く」だ。

 佐賀県出身で、バスケ歴は高校まで。専門学校と米国の大学で運動生理学を学んだ。高校生や聴覚障害者への体作りの指導を経験し、昨年はトルコで行われた聴覚障害者の国際スポーツ大会「デフリンピック」に同行。スサノオの若手はウエートトレーニングが足りないと感じている。

 大塚さんがスサノオの指導を始めて2カ月。練習前の入念なウオームアップやハードな走り込みに加え、練習…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文767文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです