メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この空の下で

それぞれの移住物語 和歌山・紀美野町 山のカフェ店主兼料理人・又野寛さん 豊かな暮らし、四季の実りと

 「もみのき食堂」は、土日の昼だけ営業の山のカフェ。メニューは一つ、おまかせのランチ定食(1800円)だ。地元の野菜をたっぷり使った菜食料理が人気を呼び、毎週、車で大勢の客が訪れる。山の緑に大きな空。晴れた日は外のテラス席も気持ちいい。

 店主兼料理人の又野寛さん(47)は、2012年にここ和歌山県紀美野町に移住して7年目。以前は大阪府内に住み、事務職に就いていたが、新築マンションに越したところ、当時2歳の長女が突然、体調を崩した。又野さんは家族のため、健康を考えて菜食中心の料理を作ることに。「続けると自分も気持ち良くなり、料理がどんどん面白くなった。農と食に絡む仕事に就こうと思うようになりました」

 「移住も一つの選択肢」と思い立ち、田舎なら、より可能性が広がる気がした。この地に決めたのは、先に転…

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1415文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
  3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです