メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強制不妊

聴覚障害の夫婦2組、神戸地裁に損賠提訴

 旧優生保護法(1948~96年)下で人工妊娠中絶や不妊手術を強いられたとして、いずれも聴覚障害がある兵庫県内の夫婦2組が28日、国に総額4400万円の損害賠償を求めて神戸地裁に提訴した。聴覚障害者の提訴は初めて。

 神戸地裁に提訴したのは兵庫県明石市の小林宝二(たかじ)さん(86)と喜美子さん(86)夫婦と、神戸市に住む70代の夫婦。

 訴状などによると、小林さん夫婦は60年に結婚。直後に妊娠した喜美子さんは母親に病院へ連れていかれ、何の説明も受けずに中絶と不妊の手術を受けた。また、神戸市の夫婦は68年の結婚直前、夫が母親に病院へ連れていかれ、何の説明もないまま不妊手術を受けた。これにより、両夫婦は憲法13条が保障する幸福追求権やリプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)を侵害されたとしている。【望月靖祥】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  4. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  5. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです