メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

ベトナム最大のIT企業FPT、デジタルトランスフォーメーションの世界的リーダーの仲間入りに意欲(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

ベトナム最大のIT企業FPT、デジタルトランスフォーメーションの世界的リーダーの仲間入りに意欲

AsiaNet 75344 (1679)

【ホーチミン市(ベトナム)2018年9月28日PR Newswire=共同通信JBN】
*FPTは創立30周年を迎えたベトナムの大手ITサービス企業

ベトナム最大のITサービス企業であるFPTは、カールスバーグの製造実行システム(MES)のデジタルトランスフォーメーションサービスプロバイダーに選ばれ、カールスバーグの製造プロセスの最適化と生産量の最大化を支援する。同社は、デジタルトランスフォーメーションサービスで世界的リーダーの1社となることを期待している。

企業のデジタルトランスフォーメーションは、近年、トレンドであり、2025年までの成長率18%以上、2兆2794億ドルの世界的産業となると見込まれている。デジタルトランスフォーメーション部門の成長により、FPTのソフトウェア輸出部門は今後5年間、25-35%の成長率を維持し、総収益の50%を占めるであろう。

▽クライアントの成功
FPTが目標を達成するために取り組んでいることの1つが、IoTプラットフォームとスマート工場を共同開発できる戦略的かつ国際的な顧客とのパートナーシップの展開である。パートナーシッププログラムは、FPTとゼネラル・エレクトリックの協力でGE Predixプラットフォーム上でインターネット産業を育成したり、シーメンスとの協力でMindSphereの拡張を共同で推進するなど、明らかな成功も収めてきた。

そうした顧客の1つが、米国に本社を置く多国籍医療サービス・デバイス会社である。FPTが提供するプラットフォームは、患者が自らのアセスメントにアクセスして、追跡、管理し、スケジュールを監視、投与量データを入力することを可能にする。このソリューションは、顧客のビジネス戦略と価値の提供を効果的に強化した。

コカ・コーラとのパートナーシップでは、FPTは適切なデジタルソリューションを提供し、コカ・コーラ・ベトナムの生産を促進した。コカ・コーラ・グローバルのティファニ・サッセイ最高情報責任者(CIO)は「FPTは多くの企業のデジタルトランスフォーメーションを支援している。われわれは、FPTがその技術的専門知識をもって、ベトナムのデジタルトランスフォーメーションプロセスをより迅速かつ効率的になるよう支援してくれると確信している」と述べた。

▽将来のリーダーの育成
モチベーションの高いチームと最高のパフォーマンスを保証し、世界トップレベルの指導者を育成するため、FPTはあらゆるレベルの社員に多大な投資をしている。FPTは、ベトナムで最も大きなソフトウェア人材プールを抱えている。これにより、小規模、中規模、大規模を問わず、いかなるプロジェクトの課題も迅速に引き受けられる。年齢中央値27歳の若手技術者は、英語、日本語、フランス語やその他の言語で意思疎通ができ、学習意欲旺盛で、顧客のプロセスに素早く適応でき、AWS(500証明書)、GE Predix(200証明書)、Skywise(40証明書)、MindSphere(200証明書)といった最新のIoTプラットフォームで数多くの証明書を所持している。

FPTは国内外の評判の高い大学の運営主体と密接に協力、自前の「FPT大学」の最高の人材も活用している。ベトナム初の法人所有の大学であるFPT大学は、FPTの人材プールの重要な基盤として期待されており、中級および上級の技術専門家の受け台として機能している。同社は、FPT大学やその他のベトナム各地の大学の教育プログラムにデジタルトランスフォーメーションとAIを導入した。

IAOPのグローバルアウトソーシング100に挙げられ、30年の経験を持つ、ベトナム有数のITサービス企業であるFPTは、ベトナムだけでなく地域全体において、ビッグデータ分析、人工知能、IoT、デジタルトランスフォーメーションに関する専門知識を積み上げてきた。こうした取り組みはすべて、FPTとその多くの子会社と顧客とを結びつけることを目指した、より大きなエコシステムの一部を形づくっている。このアプローチは、ビジネス感覚と技術的専門知識を組み合わせ、アイデアからトータルデジタルトランスフォーメーションの実行までの流れを加速させる。ベトナムが新興市場での地位を向上させる中で、FPTはデジタルトランスフォーメーションの旅を続ける顧客を引き続き支援していく。

▽FPTについて
1988年9月13日に設立されたFPTは、30年にわたってITと電気通信の先駆者であり、技術の世界とベトナムとの橋渡しをするとともに、ベトナムの技術力を世界地図の上に残してきた。
FPTは現在、有数のITサービス企業で、研究と新技術開発分野のパイオニアである。同社はゼネラル・エレクトリック、シーメンス、アマゾン、エアバスなどの有力企業と協力して、第4次産業革命の最先端技術革新プラットフォームを創出している。FPTは現在、ベトナム最大の民間ICT企業であり、33の国と地域に3万3000人以上の従業員を擁し、年間約44兆ベトナムドンの収益を上げている。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20180921/2244661-1

ソース:FPT Corporation



情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです