メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

北海道胆振東部地震被災地 不安越え、一歩ずつ

右へ大きく傾いた店舗兼住居前での20日間の車中泊生活。みなし仮設住宅への移動を待つ畑嶋麻由美さんを夕焼けの空が包んだ=北海道厚真町で2018年9月25日午後5時33分、貝塚太一撮影

 9月6日午前3時7分、北海道で観測史上初めて震度7を記録し、死者41人を出した胆振(いぶり)東部地震。一時、ほぼ全世帯にあたる295万戸が停電するブラックアウトを経験し、全道民は不安な夜を過ごした。28日現在も、避難生活をするのは5市町(札幌市、北広島市、厚真町、むかわ町、安平町)585人。まもなく1カ月となるが、被災者の生活再建のめどは立たず、インフラや将来への不安はいまだ解消されない。それでも被災各地で、少しずつ復興へと歩みを進める姿があった。

 厚真町の自営業、畑嶋安雄さん(68)と麻由美さん(45)夫婦は、地震以来、家族3人で傾いた店舗兼住…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文861文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  3. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗
  4. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  5. 新潟・高1暴行動画拡散 近く県警に被害届提出へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです