メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スニーカー

和紙を履く 片足140グラム、水洗い可 富山の織物会社

和紙を織り込んだ布で作ったスニーカーと開発に当たった細川機業の細川浩太郎常務=富山県上市町の同社で、森野俊撮影

 創業128年目の織物製造「細川機業」(富山県上市町)が、和紙を織り込んだ布を使い、国内で初めて本格的なスニーカーを商品化した。革や布だけのものと比べて軽くて丈夫。蒸れにくく雨の多い時期でも履きやすい。同社は「和紙は靴を変える可能性を秘めている」と、今後も和紙の特性を生かした商品開発に力を入れる。【森野俊】

 同社が靴を作るきっかけになったのは、3年前に細川浩太郎常務(43)が和紙でできた布の特許を持つ知人…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです