メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集

受精卵扱い初指針 改変後の移植禁止

 生物の遺伝子を効率良く改変できるゲノム編集技術を巡り、文部科学省と厚生労働省の有識者会議は28日、生殖補助医療に役立つ研究目的でヒトの受精卵に用いる際の指針案をまとめた。これまで国のルールが未整備だったが、初の指針が策定されれば国内でもヒトの受精卵の遺伝子を改変する研究が本格化する。

 指針案では、研究に使える受精卵は不妊治療で余ったものに限定。研究者からの希望が強い…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです