メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風24号

大阪で避難所開設の動き 警戒強める

台風24号の進路

 大型で非常に強い台風24号の接近により、近畿地方の各自治体も警戒を強め、大阪府内では避難所を開設する動きが出始めた。今月初めの台風21号で被害を受けた建物や街路樹は復旧の途上で2次災害の恐れもあり、各自治体は安全対策の徹底を呼び掛けている。

 大阪府岸和田市では29日午前9時から避難所を6カ所設け、一部では既に住民が避難した。市危機管理課によると、避難場所の問い合わせが相次いでおり、30日から小中学校など56カ所を避難所として追加する予定。同課の担当者は「相次ぐ台風で、早めの行動をするように市民の意識が変わっているのでは」と話した。

 大阪市も吉村洋文市長が28日夜、自身のツイッターで「30日の午前9時には全24区で自主避難所を開設…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる
  4. 猪木、ハンセン、ドリー…往年の名選手ら集結 G.馬場さん没後20年追善プロレス
  5. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです