メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有識者会議

受精卵「ゲノム編集」指針案 来春施行目指す

 生物の遺伝子を効率良く改変できるゲノム編集技術を巡り、文部科学省と厚生労働省の有識者会議は28日、生殖補助医療に役立つ研究目的でヒトの受精卵に用いる際の初の指針案をまとめた。これまで国のルールが未整備だったが、指針が策定されれば国内でもヒトの受精卵の遺伝子を改変する研究が本格化する。

 指針案では、研究に使える受精卵は不妊治療で余ったものに限定。研究者からの希望が強い…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです