メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バレーボール

女子世界選手権 日本、白星発進 アルゼンチン降す

 バレーボール女子の世界選手権が29日、横浜市の横浜アリーナなどで開幕し、世界ランキング6位の日本は1次リーグ初戦で同11位のアルゼンチンを3-0で降した。古賀紗理那(NEC)と黒後愛(東レ)の強打が要所で決まり、終始圧倒した。24カ国が出場し、4組に分かれる1次リーグは各組6カ国中、上位4カ国が2次リーグに進む。大会は4年に1度開かれ、五輪、ワールドカップと並んで最も格付けが高い。日本各地で10月20日まで行われる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです