メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸・大阪両港

灯台・ブイが損傷や流出 台風相次ぎ

台風で頂上部分を失った和田岬の灯台=神戸海上保安部提供

 8月と9月に台風20号、21号が相次いで上陸・接近した神戸・大阪両港で、船舶に航路などを示す灯台や灯浮標(とうふひょう)(ブイ)計223基のうち41基が損傷したり、位置がずれたりしていたことが、海上保安庁への取材で分かった。過去の災害にはなかった規模の被害だという。船舶の事故につながるおそれがあるため、海保は仮灯の設置や修復を急ぐが、現在も33基が未復旧のまま。海保は無線などで運航業者らに注意を呼びかけている。【黒川優】

 神戸海上保安部と大阪海上保安監部によると、海保が設置した灯台や灯標と、海保以外が設置した「許可標識…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです