メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インドネシア地震

現地ルポ うちひしがれる島民

津波にのまれた後に流れ着いた場所に立つアフマッド・ファイサルさん=インドネシア・スラウェシ島パル市で2018年9月30日、武内彩撮影

 【パル(インドネシア・スラウェシ島)武内彩】インドネシア・スラウェシ島中部で発生したマグニチュード(M)7.5の地震と津波で大被害を受けた州都パルに9月30日、入った。津波で行方不明になった家族を海岸沿いで懸命に捜す人。崩れ落ちた家屋の前で立ち尽くす人。圧倒的な自然の破壊力の前に、島民らはうちひしがれていた。

 地震があったのは金曜日(28日)午後6時ごろ。海に近い「パル・グランドモール」は、多くの客でにぎわ…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1101文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです