メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

喜びの朝 本庶さん「幸運な人生」

ノーベル医学生理学賞決定から一夜明け、京都大で花束を受け取る本庶佑・京都大高等研究院特別教授(右)と妻の滋子さん=京都市左京区で2018年10月2日、望月亮一撮影

 がん免疫療法につながるたんぱく質「PD-1」の発見で今年のノーベル医学生理学賞に選ばれた京都大高等研究院の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授(76)は2日午前、京大の百周年時計台記念館(京都市左京区)で、妻滋子さん(75)と共に記者会見した。一夜明け、本庶さんは「落ち着いて考えると、幸運な人生と言わざるを得ない」と改めて喜びをかみしめた。

 夫妻は午前9時ごろ、同記念館に到着。20年以上秘書を務める真多(また)かをりさんから花束を手渡され…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです