メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「歌川国芳 いきものとばけもの」ほか

 ■歌川国芳 いきものとばけもの(稲垣進一、悳(いさお)俊彦著・東京書籍・2052円)

 近年再評価が進む国芳は幕末に活躍した絵師。役者絵や武者絵、風景画と手広く描いた鬼才は、動物や化け物たちを多数登場させもした。本書はそれらのキャラクターに注目。ネコ好きで有名だが、タヌキやキツネ、コウモリなど多彩。妖怪もコミカル、キュートで愛らしい。大人も子どもも楽しめる。(栗)

 ■無脊椎(せきつい)水族館(宮田珠己著・本の雑誌社・1944円)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  5. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです