メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 陸秋槎さん 幻惑の中華ミステリー

陸秋槎さん=内藤麻里子撮影

 ■元年春之祭 陸(りく)秋槎(しゅうさ)さん 稲村文吾訳、早川書房・1620円

 ポケットに収まるサイズで「ポケミス」と親しまれる「ハヤカワ・ミステリ」シリーズ。1800点を超える海外ミステリーが並ぶ中、初めて中国人作家の本格ミステリーが登場した。

 中国は前漢の時代。春の祭儀の準備をしていた観家で、当主の妹が殺された。やがて事件は連続殺人の様相を呈する。実は観家では4年前、前当主一家の惨殺事件があった。過去の事件との関係は。連続殺人は誰の仕業か--。驚きの犯人と動機が明かされる。

 2度にわたり謎解きを迫る「読者への挑戦状」が挟まって、ミステリーファンには懐かしい構成。「とにかく…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文909文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ政府 「記者が死亡」公式に認める 18人を拘束
  3. 大相撲 日馬暴力事件 白鵬が聴取に「愛のムチ」発言(スポニチ)
  4. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき
  5. 大塚家具 8割引きセールも…経営再建が難航、窮地に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです