メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

本庶さん、知人ら祝福 信頼厚い「親分肌」 仲間落第危機、救済へ奔走

京都大医学部時代の本庶佑さん(右端)=梅田文一さん提供

 「親分肌で、見事な統率力」--。ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった京都大高等研究院特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)さん(76)は、ワインやゴルフの話で同僚をなごませる一方、研究では鋭い指摘で方向性を定め、優秀な弟子を多く育ててきた。受賞決定から一夜明けた2日も、若い頃から本庶さんを知る学生時代の同級生や知人らが祝福し、人柄を語った。【菅沼舞】

 京都大医学部の同級生で神戸市立中央市民病院の元内科部長、梅田文一さん(79)は学生時代を振り返り、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです