メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第7講 オコゼ 火山岩と潮、砂泥のベッド

「ぎょうてん」でいただいたオコゼの酒蒸し=高松市で

 「オコゼを食べに香川へ行きませんか? 実はオコゼに、瀬戸内海の秘密が隠されてるんですよ」。マグマ学者の巽好幸先生の誘いに一も二もなく乗って、高松へ向かった。

 開通30年を迎えた瀬戸大橋を渡るJRの車窓から、波立つ海面が見える。巽先生と日本料理の大引伸昭先生が「流れが速そう」「まるで川みたい」と口をそろえる。潮流の速さが瀬戸内海のポイントの一つだ。電車が香川に入ると、きれいなおにぎり形をした讃岐富士(飯野山、標高422メートル)が見える。

この記事は有料記事です。

残り2520文字(全文2741文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです