メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

肱川流域の治水早急に 大洲に対策推進室 地方整備局 /愛媛

肱川緊急治水対策推進室の看板を掲げる二宮隆久・大洲市長(左)と平井秀輝・四国地方整備局長=愛媛県大洲市中村の国土交通省四国地方整備局大洲河川国道事務所で、中川祐一撮影

 西日本豪雨で氾濫した肱川の治水対策を早急に進めるため、国土交通省四国地方整備局は1日、同局大洲河川国道事務所(大洲市中村)に「肱川緊急治水対策推進室」を設置した。2023年度までに中下流域で築堤や暫定堤防のかさ上げなどを進める。

 同事務所で開かれた設置式で同局の平井秀輝局長は「再発を防ぐには(堤防…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです